杉柾目角皿作りはチトこわい

夢工房ターニングディー、いつもの杉柾目角皿作りをする。柾目では細かなひび割れが時折入っているので気を付けているが、写真の材は入っていなかったと思う。ところがターニング中に突然「パーン」と約20mm程跳ね飛びびくっ。キャッチした訳でもないのに、きれいに3本にバラバラ。気が付かなくとも3.000/rpm回転中に引っ掛かり割れ飛びしか考えられない。幸いに割れたのはこれ1枚ですみ、続き写真の様に計13枚ターニング。今日はドイツの玩具マイスター(?)を持女性IMさんが来訪して、いつも自分が使っているVL-200でターニング。代わりにVL-300でターニングするが、どうも勝手が違いペースダウン。マイスターのターニング見学、スキュー多用で見事なもの。正味4時間だったが、大変参考になった日。ブログ、プロ用を申込みOKになった。

VL-300は、200より二回り位大きくてて重く慣れないので使いづらい。

角皿10・楕円皿3枚、計13枚のターニングディー。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    木挽屋次郎 (木曜日, 30 7月 2015 18:16)

    なんとも優雅で美しいフォルム、さすが日本の杉柾目(笑)
     楕円の皿の端面仕上げの技を盗んでみたいです。
     クソ暑い日々、ご自愛ください。

  • #2

    つねさん (木曜日, 30 7月 2015 18:34)

    有難うございます。ターニングマイスターからのコメント、励みになります。端面仕上げは、単純にペーパー掛けのみです。お目に留まるほどの高等テクニックはからきしありません。
    名誉の負傷、治りましたか? 酷暑の折お互いにボトルを空にしましょう。
     
    myブログ、昨日より運用停止状態で一週間程度お休みの予定です。
    Jimdoのサーバーが満杯(無料版)でアウト、グレードup(有料)にしたので
    手続き上の日数必要との事です。回復したらまた訪問下さい。