何とか様になった様子

Am6:00・屋外工房は28℃、あまり高くならないうちにウれタン仕上げ塗布。

昨日の中塗りサンディングしたのを#400空研ぎ、それをを仕上げ塗布へ。

コンプレッサーは1HPで小さいので、1.0mmノズルのガンを使用。エァー圧と吹き出し量の調整は、どの位が適正か分からないので適当に。全艶消し塗装で粘度が濃そうだったが、教わった手順でやりまずまず。ついつい重ね塗布が多くなり、塗装職人の教えの2倍位になった。何とか様になりホッとひと息。

この暑さでガン吹きしてもすぐ乾燥するが、念の為午前中乾燥放置。仕上がりは、期待したほどツルツルにならず。杉柾目は軟らかいので極わずかにザラザラ、軽く#400空研ぎでスベスベになった。もう一度仕上げ塗布するか悩むところ。エンジュの器はツルツルでOK、材によってこなにも違うんだ。