飛び切り贅沢な手形だ

8月13日am9:00、工房へ出掛ける途中、○○家の提灯と花束を手に家族でお墓参りに行くのに出くわす。街中はお盆夏休みで銀行ものんびりだった。

今日は埼玉県産高級桧材を使って「りんご型切抜き手形」台板作り。

8/23(日)さいたま市岩槻区にある木の博物館「木力館」で夏祭りがある。

今年も出店し、定番の手形作りを依頼された。ここは大きな材木店「大忠」に併設されており、埼玉県産材木の地産地消を大いに勧奨している。my工房の手形は普段SPF材だが、材木店のお祭りで地元の桧を使うように勧められ支給した貰う(続き2枚目の写真)。幅180と210×厚15mmで大中小の台板をとる。

工房に桧の香りが一杯に広がり、木の香には慢性化した鼻にも気分上々。

材木店のお祭りで、何とも飛び切り贅沢な手形だ。作り甲斐充分。

下の写真にある桧板より「りんご型」を3mmバンドソーで切り抜く、6R丸面ビットで面取り仕上げ、大中小合計46枚を作る。

さすがに大きな材木店だけに、立派な桧板に超仕上げカンナ掛けで支給して貰う。幅6寸と7寸、厚5分。こんなに贅沢な材を使うのは年に1度の楽しみ。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    hiro's portpolio (木曜日, 13 8月 2015 21:58)

    残暑見舞い申し上げます。
    この量すごいですね。いいですね。
    私も貰った四角皿を作ろうかと思います。
    楽しそうですが、熱中症に気を付けてくださいね。

  • #2

    つねさん (金曜日, 14 8月 2015 18:44)

    ありがとうございます。
    お盆入りで幾分酷暑が和らいできたが、まだまだですね。
    8月のイベント準備に時間を取られ、貴工房訪問は9月になってからにさせて下さい。8/23(日)木力館夏祭り、8/27.28.29 幕張メッセのDIY Show、8/29.30TOTO大宮ショールーム大感謝祭のイベントが重なっています。9月は一段落で、あちこちの工房訪問をしようと思っています。
    続く残暑 ご自愛ください。