革に焼印難しい

最近少々マンネリでいまいち意気が上がらない。新しいものを作りたいがアイディァ浮かばず、下手な考え休むに似たり。思いついたのが木と革のコラボ、木の器・BOXに革を張り付けてみたがドン臭い。革細工の得意なお二人に教えて頂くが、頭と手が連動せず。悩んでいると刀鍔の匠が、真鍮板に彫り込んだ「クラフト木工・つねさん工房」のプレートを作ってくれた。革にプレスで刻印し、作品に張り付ければ見映えが良くなると(想定)。でもプレスは生半可ではダメ、薄っすらと刻印ついても時間がたつと元に戻り見えなくなる。

革匠の一人から焼印にすれば簡単とアドバイス、真鍮ブレート刻印をバーナーであぶって押し付け焼印にする。これが難しい、加熱度合、押し付け圧、時間etcで仕上がり様々。木の場合も同様に何度も失敗しながら経験が必要だった。

簡単そうでも革に焼印は難しい、もう少しねばってみよう。