キャッチコピーが浮かばない

一世を風靡した「トリスを飲んでハワイへ行こう」1961年山口瞳の名コピーと柳原良平の「アンクルトリス」のCMが全国通津浦々まで流れ、日本の洋酒文化が花開く。残念ながら今朝の新聞に「アンクルトリス」柳原良平さん死去(84才)掲載されていた。下戸のつねさんはトリスとは無縁だが、この名キャッチコピーにあやかりたい。8/27.28.29に幕張メッで、Japan DIY Home Center Show2015が開催され、JWAとして参加する事になった。この大イベント向けに少々技術を要する「銘木積層ペンダント」を30個程作った。練習を兼ねて試行錯誤ながら20個位作ったところで、何となく勘どころが分かってきた。

つねさんレベルで、A級(ぶら下げ)・B級(ケース置き)に分けて出品予定(図々しいかな)。ここでトリス並みのコピーが欲しい、ターニング中にもあれこれ思い浮かべるが×。革紐つけながら「秋から冬へ、さりげなく女性(おとな)のペンダント」が頭にこびりつく。この銘木積層ペンダントは紫タガヤサン・ブビンガ・チーク・水木・ケヤキの積層で、彩りは落ち着きと大人の雰囲気。

50代~の年配層向きではないかと勝手に推測、ちなみにもうすぐ後期高齢者の古女房は大分気に入った様子。会場で来訪女性に聞いてみようかな。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    木挽屋 (金曜日, 21 8月 2015 01:09)

    勾玉の新しいかたち。

    胸元にゆれる祈りのペンダント

    ん~~~~~~ むずかしひ。

  • #2

    つねさん (金曜日, 21 8月 2015 18:06)

    ありがとうございます。
    胸元にゆれる・・・ 良いですね。こなな発想が出ればなぁ~
    今朝 ○○メーカーのショールームへイベント用木工品をお届け。
    お世話になっている女性にA級ペンダントをプレゼント。
    今年は試作品で¥1.000-、来年は¥2.000-と説明したら
    別の女性から¥2.000-でも買いたい! お世辞でも嬉しくなりました。
    商品に値する物づくり、難しいですね。

  • #3

    つねさん (土曜日, 22 8月 2015 06:14)

    8/21夕方からこのブログへの新規upが出来なくなった。
    8/22 am5:00→6:00現在もダメ。復旧は? 困ったな。