竹串は頑張った

やったぞー、と言いたい位に竹串が頑張った。銘木積層ペンダント用に、3mm前後の薄板を5枚捨て板に接着してプレス。一日置いて外してみると17個全部OK、前回は1割位の比率で、滑ってずれて使い物にならず。今回100%合格。

かなりきつく締めたが。竹串はしなりながらもズレを防ぎ持ち堪えた。

心配は5層の隙間に接着剤が回って固着しているか、ターニングで飛ばない事を期待する次第。ベンダントの表は何とかなるが、裏面の加工方法を検討中。

静岡・JWA仲間のIさんは治具を考案して表裏同じくターニングしていた。

先日現物を見せて頂き、説明を受けたがいまいちビンと来ず? 考えよう。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    chipsnobu (土曜日, 05 9月 2015 20:06)

    見事に綺麗に接着成功ですね、竹串粘りがありますね。ポチ
    寄木作ってますが良くずれて、失敗品が1~2割出ますので、アイデアをチョット拝借させてください。

  • #2

    成瀬吉明 (日曜日, 06 9月 2015 10:47)

    シーズンに向けてパワー全開しつつある って所でしょうか。
     オイラ、JWAが折角配布してくれたプレスマシン、使いこなせなくて圧着でなくてあっちゃ~くになってました。

     やっぱ自動カンナとか手にいれないと難しいかも知んないですね。

    この一連のつねさんの記事読んでるたらムラムラと意欲が(←あびなひ)

     30cm幅で構わないわけだから、思い切って奮発しようかと新たな物欲も(汗)湧いて出てきてます。 まだ当分は出てきたらペシパシと叩いて引っ込めといて(笑)ってハナシですが。

     今のデザインで偏心穴2個にして昔の両替商の看板みたいなやつで恰好のいいの狙ってますが、外材は嫌って三富の雑木に専念。 せいぜい頑張ってもモッコクとか程度の和風で攻めたいと思ってます。

     乞う ご期待

      なんちゃって。  (^^;)

  • #3

    つねさん (日曜日, 06 9月 2015 17:15)

    chipsnobuさんへ
    コメントありがとうございます。
    素人の窮余一策、お役にたてれば嬉しいです。
    先程1個testしましたがOKでした。竹串は事前にニッパーで取ってからターニング。暇をみてボツボツ作る予定です。

    木挽屋さんへ
    いつも楽しくユーモラスなコメント(名文/迷文)ありがとうございます。
    両替商の看板=分銅だったかな、是非upして下さい。出来れば偏芯ターニング・テクニックも伝授下さればbest。
    最近、偏芯ターニングで新しい物が出来ないか? ピーマン頭で考えているが、何とかの考え何とやら。思い浮かびません。期待してます。