欅の木取り、手応え充分

今日は欅厚板や角材を引っ張り出して、続きの写真の様に製材と木取り。

久し振りに木の塊を75mmバンドソーで製材、自動カンナ掛け、10mmバンドソーで円盤切抜き、本来の木工を堪能。いささか力仕事気味でくたびれ。

円板は、菓子器用に径230×厚50mmとお盆用に径230×厚30mm。角材は幅80×厚35~40×長さマチマチmm、先月のDIYショーで左上のUFOカーが人気でケヤキ材の車が在庫0に。補充の30個分を用意、欅は手応え充分な材だ。

欅の角材幅410×厚160×長さ450mmと厚60mmの板材、その他角材諸々を倉庫から引っ張り出したところ。両端の虫喰い穴、ひび割れ等で正味良い所は

半分位。意外と歩留り悪いが、大小様々な使い方を考えるのも楽しみ。

持っている材を考えての自作は無駄なく使えるが、指定サイズの木取りは端材の有効活用が問題。そのうち出番が来るだろう。