マルチ・クラフトマン宅訪問

今日は午後からマルチ・クラフトマンの「hiro's portfolio」工房訪問。

利根川に近い埼玉県久喜栗橋の静かな住宅街のご自宅、最近リフォームを機に工房を増設。洒落た外観とトレーニングルームを兼ねた3部屋に分かれた工房。革細工とエァーブラシを習うつもりで訪問するも、あれもこれも盛りだくさんあり4時間があっと言う間に過ぎた。革細工・木彫・ターニング・cnc工作・エァーブラシ・CAD・craft Robo・ベンチプレスetc体育系・電子工作その他諸々。単細胞の身には理解不能な位のマルチ・クラフトマン。5年位前に購入して放置したままのエァーブラシを持参して初のSW on、手始めに墨汁を薄めて紙に描いてみるが難しい。何事も経験と練習が必要を痛感。中でもCNCマシンでCADを使っての切削が面白く時間を費やす。上の写真はCNCで彫り込んだ表札と稼働中のCNC。続きの写真はPCと連動して稼働中のCNC、3枚目の写真は、どの位細かく切削出来るかの実験との事。径1mmのバイトで深さ3mmに彫った文字に色付けしたもの。誤差0.1mm位とか、凄いもんだ。

夢中になってその他の写真撮り忘れ、あれこれ欲しいが懐は閑古、残念。


カナダのCNCソフトを使ってCNC操作、CNC本体は中国製とかだが精密さにびっくり。

どこまで細い彫り込みが出来るかのTEST、1mmのバイトで深さ3mm彫り込み色付け。軟らかい材なので木毛が若干出る。この辺が限度との事。

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    hiro's portfolio (土曜日, 26 9月 2015 20:59)

    CNCについては、作品としてはまだ中途半端なものが多く完成度の高いものをお見せ出来なくて残念でした。
    革細工、木彫、エアーブラシ近いのでまた遊びに来てください。

  • #2

    chipsnobu (土曜日, 26 9月 2015 21:14)

    色んな事の勉強をされてるんですね。
    今度はCNCにチャレンジされるのでしょうかね?
    機器とソフトでウン十万?ですか。(笑)
    中国製で精度が0.1ミリとは凄いですね。

  • #3

    hiro's portfolio (土曜日, 26 9月 2015 21:54)

    2年前に中国製のCNCはオークションで新品で落としました。そのときは安く出ていました6万円程度です。MACH3のソフトは2万5千円程度、それ以外のCAD、NCVC等のソフトは無料のダウンロードです。全部9万以下です。精度は0.1mmより良いはずです。金属を掘る場合0.1mmづつ削るので5mmの深さを削るのに精度が0.1mmだと文字がずれてしまいます。実際まったくずれません。
    CNC3020Tの説明では0.05mmだそうです。
    参照WEB
    http://www.china-cncrouter.com/jp/products/Supply-3-Axis-CNC-3020-CNC-3020T-DJ-Cheap-CNC-Router-Engraver-Machine-for-Milling-Engraving-and-Hobb.html#.VgaUXtyhfmQ

  • #4

    つねさん (日曜日, 27 9月 2015 17:11)

    hiro's portfolio さんへ
    昨日は盛り沢山の見学やご指導有難うございました。
    エァーブラシ操作マニュアルを送付頂きプリントしました。
    これからじっくり読んで応用します。CNCの誤差0.5でなく0.05とは失礼しました。肉眼では判別難しい世界でただびっくりしているだけです。
    へそくりが溜まれば何とかしたいが、その前にPC習得が問題。若さが欲しい。またいろいろ教えて下さい。

  • #5

    つねさん (日曜日, 27 9月 2015 17:17)

    chipsnobuさんへ

    野次馬根性旺盛で身の程知らずですかね。
    制度は0.05m以内だそうです。目では分からない誤差と思いますが、木工の世界では考えられない事。PC知識とへそくりの両立はほぼ見込み無し。
    身の丈で我慢します。