チンタラ歩きが駆け足に

昨日は地元小学校1年生の「昔の遊び大会」にボランティァ参加。100人近くの1年生、元気一杯でワイワイ・キャァーキャァーの大騒ぎ。号令(掛け声)には敏感に反応して整列、お辞儀等良くしつけられていて感心する。コマ回し担当で自作の「捻り・引き・投げコマ」三種を持参して教える。こんなの初めて見た!とビックリする子もいて、先生方も興味津々。捻りと引きコマに関心が集まり、学校常備の投げコマにはほとんど手をつけない。常備コマは汚れ・キズ・投げひもが太さバラバラとボロボロ・芯ズレ等で、自称コマ名人も戸惑うコマ。出来れば投げコマをプレゼントしたいが、その前に新品交換を提案しようかな。今日は下校安全見守り隊の「旗振り」、1年生はチンタラ・チンタラ歩き、ふざけ合っての下校で中々進まず。3年になると男の子は駆け足で、交差点での引き留めに気を遣う。5~6年になると「お帰りなさい」と声を掛けても半分は素知らぬ顔、たまに「さようなら」と挨拶する子もいてホッとする。話に夢中か、毎日の事で見守り隊の声に不感症になったのか、複雑な気にもなる。木工は午前中にいつもの「華コマ」作りで変わり映えせず、代わってふた昔前のキャデラック、ケバケバしいが妙に懐かしいアメ車をup。この時代のアメ車は、今風の車に比較すると共通してボディに対して足回りの貧弱さが目立つ。(車素人の独り言)


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    chipsnobu (金曜日, 11 12月 2015 00:57)

    懐かしい車が有りますね、購入されたのですか?

    近頃の小学生は挨拶が出来るお子さんと出来ないお子さんがいますね、親のしつけでしょうかね?

    挨拶を返してくれると本当にホットしますね。

  • #2

    つねさん (金曜日, 11 12月 2015 21:06)

    my carには軽トラが似合います。
    キャデラックは、35年前にNY市内見物で回ったのが最初で最後。
    軽でもベンツでも中から見る風景は同じ、身の丈にあった物しか選べない齢になりました。寂しいですね。