日本刀

近在の鍔工が来訪、自己所有の日本刀の鞘を新しく朴で作るので朴材が入用との事。手持ちの朴板厚25mmを片面カンナ掛け、鞘に収まった日本刀を鉛筆で二回り大きくなぞって、2本分をバンドソーで挽く。カンナ掛けの無い粗面をノミで削って貼り合わせて完成させる。漆塗り仕上げとの事。滅多にない機会で抜き身を持たせてもらうがズシリと重い。こんなに重い物を振り回しての切り合い、昔の武士は筋力が物凄いのかな。写真を撮る。昭和26年登録の所持許可証(無銘)を見せて貰うが、良く手入れされギラギラで恐い。

DIY工房ISUMIさんのHP掲載の

白鳳太刀

見るからに凄い太刀、素人でも迫力を感ずる。

下の写真に解説。

東京芸大

原田教授