端材がお洒落に変身

昨日「春風」に誘われて気分良く、ほったらかしの自宅工房を整理。ホコリを被った桧厚板端材が出てきた。あれこれ使い途を考えるも、帯に短したすきに長し。鍋敷きなら何とか使えそうで、今日は木取りとターニング。

鍋敷きは価格面から杉材が一般的だが、今回は奮発して初めて高価な桧材で作る。最後にチークオイルを塗布仕上げ、第1号は我が家で使おうかな。

 

 

 

厚45~80mmの桧材を厚22mmにスライス、円を描いて中心にボール盤で径50mmの穴明け。

6mmバンドソーでドーナツにして、ターニングで鍋敷きにする。