たなつるバージョンで

最近お世話になっているミドルエイジ女性からの相談「パン皿にトースト置いているとしんなり」パリパリで食べたいんだけど。それ程専門知識は無いが、白木(無塗装)の木製パン皿を勧める。欲しいとの事で2set・4枚をさくら材で作る。径180×厚18と200×20mmで「たなつる工房・たなつるバージョン」にする。大分前にターニングの大先輩、たなつる工房のSさんから見本として「けやき・パン皿」を頂いた。普通のパン皿は、いわゆる西洋皿タイプで陶器皿と同じデザインが多い。my工房のパン皿もほとんどこのタイプだが、今回は変えてみた。見方によってクラシック or モダンタイプで、初めてこのタイプにした。無塗装の為、#1000で水研ぎして乾燥中。すべすべして良さそう。

右上下2枚がたなつる工房のけやきパン皿見本、他はさくら材で作ったもの。

たなつるバージョンのパン皿完成、左と中の4枚。右は見本。