小鳥の顔が小さくて

宿題になっていた「インコの写真立て」を試作してみた。ダックスフンド写真立ての方式で作ったので、案外スムーズに出来た。小鳥の写真やスケッチをいろいろ眺めたが、顔が小さくて特徴が出せず難しい。生来の筆音痴で絵心0点でどだい無理な宿題。今回はさくら材を使って幾分高級感を出し、スタンド台もクリ厚板でどっしり感を出した。無塗装白木のままだが、チークオイル仕上げにしようかと思案中。オイル塗布で赤黒くなって、小鳥のイメージと合わないと困るしどうするか。幾分肩の荷がおりてひと息。