サウンドで若返ったかな

春だと言うのに一日陰鬱な雨、木工作業の気分がのらない。片付けついでに

ポンコツ・オーディオのセッティング。動線を考えて最短の棚に乗せる。

作業中誤ってコードを引っ掛けて、一番上のプリアンプをフローリング床にゴットン、しまった! 遅かった。齢20年のプリアンプ、肩が外れたみたいにチューナーしか入力ならず。衝撃でどこかがショートか外れたか? 轟沈!

止む無くリタイクルショップへ走る。DENONプリメインアンプPMA-390IV

2001年販売開始、2006年3月製造完了なので齢10~15才位をget。

SW ON・出た、軽いラジカセ音からオーディオ音らしい響き。SPが20年落ちのせいか、こころなしビビリ音が混ざる気配。耳も老化甚だしいので、どちらが原因か分からんが気分良し。15坪の狭い工房ながら、誰にも気兼ねなくボリュームup。久々のデッカイsund、大分若返ったかな。

写真では分かりずらいが、両端上部の黒い四角がSP、いつもの立ち位置から3~4mくらい前方。チューナーはダイヤル移動で、プリセットに慣れた身には面倒。老眼対策に局の位置にインデックス貼付けのアナログ表示。今度はチューナー探しか、段々若かりし頃の思い出が蘇りランクupになりそう。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    chipsnobu (月曜日, 14 3月 2016 20:53)

    今度は往年のオーディオを復活、少しずつグレードアップですかね、最後はテックさんの所と同じようになった仕舞ったりしませんか?

  • #2

    つねさん (火曜日, 15 3月 2016 20:01)

    何をするにも先立つものが十分にあれば良いのだが。
    年金生活者には、程々が肝心。つまんないが止む無し。
    ボチボチやりましょう。