宇宙人が嫁に来た

今日はmy住宅自治会「ハイキング・クラブ」の総会と懇親会、約50名のクラブで年6回のハイキングや行楽を行っている。4/20(水)に第216回ハイキングで群馬県館林市の「館林・城沼ちつつじが岡公園」に満開のつつじを見に行く。木工があまり出来なかったので、代わりに写真の宇宙人?「結髪土偶」をup。先日山形帰省の折に貰ってきたもの。兄が趣味の陶芸「松濤窯」でを長年焼き物をしており、最近は土偶製作に凝っている。このオリジナルは、山形県真室川町近くの五郎前遺跡から大正4年発見され、海外にまで紹介されているとの事。本物は伸長23.4Cm、アレンジして松濤窯製作は42Cmで大型。木の事なら幾分予備知識があるが、陶芸はからきしダメ。作者に失礼ながら宇宙人としてmy工房に鎮座してもらうつもり。木彫刻が出来れば面白そう。

応接間のショーケースの上にずらりと並んだ「宇宙人」、それぞれ名前があるらしいが覚えられない。陶芸作業場や庭、倉庫に仲間がごろごろ。ちなみにケースの中は岩石のサンプルがぎっしり。自分の手足で収集したり作ったり、PC駆使して写真集や紀行集を製本したり、何とも忙しい自慢の兄貴。似たのかな。

 

20ページ程にまとめられた土偶の写真や解説、この様な小冊子が20冊もあろうか、時折送られてくるのが楽しみで待ち遠しい。いつまで続けられるかな。