初めて見る大径カヤ木

今日は馴染の工務店で珍しい太いカヤの木を見てきた。下段の太いのは径400、中段で300mmあり、初めて見る大径のカヤ。福島で伐採したばかりで、まだ緑の葉が付いていた。チェンソーの跡にヒビが入り始めている。

カヤはイチイ科・常緑針葉高木で直径2mにもなり日本と朝鮮に分布。カヤ碁盤・将棋盤は高級品の代名詞で、特に日向と奈良県春日山山が有名。カヤ碁盤は石をうっても肩が凝らず、盤面もしばらく置けば凹みが再び元に戻る不思議な特性がある。(世界の木材・樹木より検索)。ウッドターニング EBONYさんのブログ4/8にカヤの生木ボール粗挽きがupされていたが、機会があったら作ってみたいもの。春日部に居ては手に入らない貴重な樹木に溜息。