挽いて。挽いて、挽き飽きた

7・8月の2ケ月間、イベント参加で出展販売予定。お求めやすい価格と補充の面からある程度まとめて作る予定。馴染の材木店からさくら薄板を購入、お盆・パン皿・菓子盆等に大小混ぜてさくら円板58枚、けやき円板7枚を挽く。

長さ2m近く、スライドソーで挽き、バンドソーで切り抜く。こんなに大量の円板作りは初めて。挽いて、挽いて、挽き飽きた。

二十数年桟積みしたままの厚25mm前後のさくら板材、反り・捩じれ・割れ・虫穴等何でもござれ。よくもまぁ在庫したままだったなぁ。

幅約450mmの一枚板、反り・捩じれ・割れ当で、木取りを考えて縦横に挽く。素直ならカンナ掛けしたいが不可能、ターニング用に木取りする。

径160~300mmの円板用木取り、6mmバンドソーで切り抜く。角材のうちにチャック掴みに径50mmフォスナービットで5mm掘る。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    chipsnobu (土曜日, 23 4月 2016 21:05)

    良い材が大量に保管されているんですね、仕込みバッチリ下準備完了ですね。