当たると思うが?

今日は一日ゆううつな雨、工房内は18℃まで上がったが何となく肌寒さを感ずる。午前中は桐腰掛の偏芯脚挿入と楔打ち込み。楔の割れ目をバンドソーで挽くが、一人だと中心線に合わせるのが厄介。いつもは反対側で、右へ・左へとの見張り役がいて楽なんだけど。楔はパト゜ックの赤にする。午後から追加製作の7台分の木取り、座板40mm、偏芯脚は厚45と55mmの板材から角材に挽く。桐材の腰掛はあまり見かけなく、当たると思うがどうかな?

丸座板の楔を幅30mmのコクタン、角座板は幅25のパト゜ック。先端の研ぎは、ベルトサンダーで。偏芯脚28本作りが待っている。大変だ。