やっと完成、次は何にしようか

桐厚材をget、桐腰掛作りを思い付き4/25から開始。飛び飛びながら6日間掛かって写真の10個完成。厚材の仕入れ・木取り・カンナ掛け・ターニング・空研ぎ・オイル塗布etc単純な様で結構手間暇掛かった。角型5個・丸型5個それぞれ高さを変えて作る。こんなにまとめて作ったのは初めて、やっと完成。

一番の気がかりは楔cut、10台×4本=40本を従来のアサリ無し手鋸では1日でも終わらなかっただろう。新兵器「マルチツール」を使って写真の通り1時間でつるつる仕上げ。文明の利器は凄い、腕より道具かな。

水平・ガタツキ無しにするのは、3本脚は楽だが4本脚はそれなりに慎重に。

こちらは、極めてアナログで楔型木片を挟み、座板の水準器を見ながら調整。

薄板に鉛筆を貼り付けて脚の周囲に線を描く。原始的!

線に沿って回し切り、これで結構決まる。桐は軟らかく助かった。