埃と木屑まみれの一日

今日は材木店や買い物等の出掛けでコマ切れ木工。例のウン十年桟積みしてあった厚25mmのさくら薄板で円板作り。径160~300mmまで38枚を挽く。

暴れ放題のひねくれ板材、前回と同じ乾燥材で仕上がり厚15~18mm位か。

荒材をほうきで埃を払い、スライドソーとバンドソーで木屑どっさり。

まさに「埃高き男」、下拵えも楽じゃない。

古く保管の悪かった幅400~200mm前後のさくら板材。スライドソーで木取り、径50mmのチャック穴彫り、バンドソーで円板挽きへ。