粘っこくて、筋っぽくて

今日は一日中雨の夢工房ターニングday、桐お盆4枚とさくらパン皿4枚をターニング。径300mmで軽いお盆(ランチョンマット代わり)の依頼があり、初めて桐で作ってみる。腰掛の座板と脚でターニングはしたが、器作りでは初めて。感覚的に粘っこく、筋っぽくあまり良い感じではない。軟らかい割にターニングやりずらく、むしろ杉や桧の方がサクサク出来る感じ。円周にツルツルとザラザラが極端に出るが、空研ぎ80・100・120・180・240・400#6回磨きでピカピカになった。木固めエース仕上げ予定だが、たっぷり吸い込みそう。

上・厚20mmの桐円板を真空引きでターニンク、底厚7~10mmにして軽い。

上・径300mm大き目のさくらパン皿、同じ300mmでも桐の倍位重く感ずる。ターニングの楽しみは、こちらに軍配が上がる。