柄にもなく

今日は蒸し暑い日曜日、春日部市のクリーンday。市民総出で住宅周辺の清掃、当方は住宅地400世帯の自治会の音頭で住宅地内の草取りや清掃の午前中。午後から車で15分程の近くにある「木の博物館・木力館」の演奏会に行く。1回/年で10年程続いているとか。今日は60人程集まり、all木造の木の博物館1Fのフローリングに座布団を敷いて座っての参加。尺八・琴(筝)・ウクレレ・バイオリンの4分構成で2時間半。いたってローカルだが、音響機器を使わずの生演奏で親しみ易く良かった。日頃文化的香りには遠い身だが、お誘いを頂き柄にもなく「演奏会」を楽しむ。たには良いかな。

さいたま市岩槻区の大きな材木店・(株)大忠オーナーが設立した「木力館」

六角形の二階建て木の博物館。木に興味があるご仁には一見の価値あり。

二階には、日本の木約80種のカットサンプルや外材サンプル約40種程もある。写真は桧丸太を製材して部位による呼称が分かり易く展示してある。板目・柾目は知っていたが、写真二段目左右の「追い柾」は知らなかった。こんな勉強にもなる木の博物館。館長の「木のお話」も面白く参考になる。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    chipsnobu (日曜日, 29 5月 2016 21:18)

    素晴らしい建物ですね、1枚目の写真の柱は薔薇の刺みたいで素晴らしいですね。
    写真の3枚目非常に勉強になりますね、この様な催し物も良いですね。

  • #2

    つねさん (月曜日, 30 5月 2016 17:49)

    ありがとうございます。
    コメントは多分高知県の一位の樹だったと思います。
    この様に全国から各種樹木をあつめて、実際の建築に使っています。
    ホームページ「木力館」検索で参考になる事がupされています。
    暇があったらご覧ください。