味噌汁が美味いぞ~

関東の水がめ、群馬のダムが干上がり寸前とか。朝から「冷たい雨」、幾分でも溜まれば助かる。肌寒くジャンパー引っ掛けてのターニングday。色の濃い材・サイズ指定の汁椀の依頼。ブラックウォールナットの厚材を探したが手に入らず、止む無く代わりにさくら材で作る。径145×高さ70(高台20)mm、写真は木固めエース1回目の塗布。一般的に汁椀は、漆塗装が多いようだが、依頼者は自然食に凝っているとの事。丸・角皿は全部クルミオイル塗布の指定。汁椀はそうもいかず木固めエース仕上げにする。この椀で食す味噌汁は美味いぞ~。となって欲しいなぁ。

全高70・高台20mm指定、底厚5mm想定でカイド穴を45mmにする。

今回のは粘っこいさくら材、ガイド穴に沿って程々の厚さにターニング。

上のチャックにチューブを細くcutしたゴム板を挟んで掴み直し、高台の仕上げをする。20mm指定の高台は高すぎないかなぁ~。