続けて桐トレー作り

昨日に続き今日も桐トレー(盆)作り。幅400×長さ800×厚25mmの桐材から径300mm円板を6枚と端材から2枚切り抜く。左下が円板、5枚はターニング済み。仕上がりで径295×厚17~20mm、木固めエース仕上げ予定。

桐板は乾燥で、他の材に比べると歪みや捩じれが少ないと思う。径300mmを木工旋盤にsetしてなぞると、やはり歪みが出ている。板厚25mmだが、正味17~20mmになる。

歪みをパーティングでcut、有効厚みを出す。

厚20mmの場合、パーティングで13mm掘り、底厚を7mmしてから中身をターニング、ペーパー仕上げへ。