挽いたり削ったりの一日

6月も今日で終わり、夏至も過ぎて明日から後半へ。出店準備、車への積み込みも終わり手持無沙汰に。午後からカヤ厚板製材と各樹種にカンナ掛け。

カヤは軟らかいので問題ないが、カリン・タガヤサン・チーク等は堅くて慎重に。それでも1ケ所刃が欠けて僅かな筋が残った。交換したばかりなのに。

存分に挽いたりカンナ掛けたりで木工気分堪能。チト疲れたが。

十分乾燥したカヤ厚板、厚80×幅400×長さ1.500mmの堂々たるもの。器と寄木用の板材をイメージして挽く。節・芯割れ・ひび等があり木取りを慎重に。

スライドソーは300mmまでなので往復挽き、甘ったるい香りが漂う。

芯に沿って縦引き、研いだばかりのブレードでスイスイ。気分良好。