木工マガジン・ドゥーパ取材来訪

今日は隔月発行の木工マガジン「ドゥーパ」の女性編集者とカメラマンが来訪。2016年9月号に「工房紹介」として掲載するとの事。発端は発行元の学研で週末工房・上級者対象のルーターとトリマーの特集号を発行する。ついてはトリマーの上級者をnetで探していたら「つねさん工房」が引っ掛かったとの事。買い被りもいいとこ、ひよっ子の初心者なので辞退。代わって工房紹介となった次第、写真はトリマーで、フリーハンドで彫った歓迎看板を背に編集者と記念に。話とカメラマンの動きを見ていて、肝心の取材写真撮り忘れ。

出来るだけの応対はしたが、この程度で本当に記事になるのかな?

プロのカメラマン氏、工房内外を角度をかえながらかなりの枚数を撮る。

ウン十枚から2~3枚くらい載るのかな。

真っ赤なWVで颯爽と来訪、待ち合わせで目立つ車にしたとか。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    turningpoem (月曜日, 11 7月 2016 18:57)

    ご無沙汰しています。いやいやドーパへの工房紹介ですか!おめでとうございます。ルーター、トリマーの使い手でもよかったじゃないですか!素敵な看板をフリーハンドで彫る腕ですから!小生なんか未だにルーターでまともな物は作った事ありません。とにもかくにもおめでとうございます。
    週末工房購入します。

  • #2

    ひねもす工房 (月曜日, 11 7月 2016 20:29)

    「歓迎 ドゥーパ」の看板を作って、お出迎えですか。さすが看板作りの名人は違いますね。ドゥーパ9月号楽しみにしています。

  • #3

    chipsnobu (月曜日, 11 7月 2016 20:58)

    先日から作ってあったトリマー作品は、看板だったんですね、素晴らしい出来上がりですね、プロですね。

    ドーパ9月号買わなくちゃ、楽しみですね。

  • #4

    つねさん (火曜日, 12 7月 2016 19:01)

    コメントをお寄せ頂いた皆さん 有難うございます。
    どうゆう風の吹き回しかこんな事になりました。
    珍客来訪時の歓迎看板は、せめてもの気持ちで時折作ってぶら下げ。
    中には記念にとお持ち帰りもあります。
    掲載されている方々は、その道のプロ級らしくmy工房では気恥ずかしい限り。折角の機会なので応じたが、今になって困ったな!ご勘弁を。