PR用に大き目の盛皿作り

夢工房ターニングday、今日は径300mmの軽い桐トレーを6枚作る予定だった。4枚は出来たが、あとの2枚は虫穴が思いのほか深く×。時間が余ったので、径380mmの大き目なさくら盛り器(皿)を作る。実際はこんな大径皿は大きすぎて使う人は稀と思うが、木皿アピールのPR用として作る。幅450×厚24mmのさくら薄板から、捻じれが少ない所を径390mmで円板を作る。

ターニングで裏表捩じれを削ると、正味厚15mmになった。これを厚5mm

にターニング、薄めだが、径380mmともなるとでかい。

真っ黒になったウン十年積置きの厚24mmさくら薄板を径390mmに切抜く。

裏面をターニングし、バキュームチャックで引いて表面をターニング。

径300mmの桐トレー4枚と右端の虫穴で小さくなった桐お皿。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    じんじん工房 川村健治 (水曜日, 13 7月 2016 08:39)

    何時もながらの製作意欲と、発想に敬服しております。貴ブログを拝借しすみません。10月のお祭り見本案内到着しました。徹夜で熟読し参加を希望いたします。3日で覆すようなことは有りません!!。今後とも情報をお待ちいたします。まずはご報告まで・・・。

  • #2

    つねさん (水曜日, 13 7月 2016 22:04)

    わざわざご連絡有難うございます。
    過大な期待は持たないで、秋の一日を楽しむつもりで参加しましょう。