汗を拭きふき

全国的に暑い日が続くとニュースが流れていたが、もうあまり聞きたくないニュース。朝から蒸して昼にはTシヤツの交換、例年だけど着替えてサッパリ。今日はお馴染みさん依頼の「檜積み木セット」2組作り開始。製材・カンナ掛け・トリマーで面取り・サイズcut・ターニング・スピンドルサンダーで角落とし・・・結構な手間が掛かり、汗を拭きふきの木工。水ッ腹になりそう。

建築用の檜4寸角柱。「吉野産 桧」の紙が貼ってあり、裏に「吉野貯木」のマークがついていた。一見無節の様だが、43mm角材に挽くと節があちこち出てくる。自動カンナ掛けで40mm角材にする。

積み木定番の径40mm円筒作りにターニング、桧の香りが工房に充満。ハックション! の連発。珍しい。

1セット80個前後入れる予定で、数えていないが大小約200個の角落とし。連続2時間たっぷり下を向いての単純作業、頭が重くて首が痛い。