さくらのお魚作り

猛暑+酷暑の連呼にいささかうんざり気味、am5:30工房を開けるとムッとする熱気。昨日不在で閉めっきりの工房、37℃にあぶられて「高気密度」my工房は32℃だった。窓全開で風を通して木工開始、さくら暴れ板をだましだましカンナ掛け。今日はさくら材でお魚釣りセット作り。世田谷のイベント会場に送って在庫ゼロ。8/21(日)近くの材木店夏まつりイベント用に急いで作る。数えてないが、多分60~70個位はありそう。先日TVで「みかん鯛」とか映っていたが、餌でブランド化した魚が出回っているそうな。こちらは正に純粋な「さくらお魚」で立派なもの。18mm厚ありどっしりして存在感あり。

暴れ粗材のさくらを自動カンナ掛け、お魚の型を下描きする。

トリマーに60°ビットをセット、下描きに沿ってフリーハンドで彫る。

下描きラインをなぞって3mmバンドソーで切り抜く。切れ味落ちたブレード、バッチン破断。新品と交換して切れ味抜群、スイスイ気持ち良く能率上がる。