楔打ち込みで一段落

急に秋らしくなり、何だかあの暑さが名残惜しい。今日は午前中の木工、仮組してある偏芯脚四方転び腰掛け5台の楔打ち込み。角型には黒檀、丸型には赤い花梨を打ち込む。一日乾燥させ、楔cut、指定高さに脚を切り取り調整。

6月から続いた木工品作りがこれで一段落、やっとのんびりり出来る筈。(?)

ボンドをたっぷり塗布、濡れ雑巾ではみだしを丁寧に拭き取る。

タモと栗材の重たい腰掛けの楔打ち込みから、軽い桐に代わるとフワフワして心もとない。軟らかいので楔打ち込みグイグイ刺さる。効くだろうなぁ~。