イチョウのまな板準備

今日はいろいろあって午前中だけの木工。前回のイベントで「まな板無いの?」が結構あった。テーブルで使う小さめのテーブルボートも好評だつたが、キッチン料理用の要望が多かった。我が家の例では、240×450mmの大きなまな板より、170×340mmの小型「控えまな板?」の出番がほとんど。倉庫を探したらイチョウの厚板が出てきた。420×480×60mmと510×450×55mmの2枚。幅と厚みを半分にしてまな板作り準備へ。計8枚分を用意する。

神社仏閣の境内で銀杏の大木をよく目にする。この厚板もその類だったのかな。幅・厚を半分に挽くのが勿体ないような立派な板材。

イチョウは柔らかく、幅230×厚60mmを厚み半分に気持ち良く挽く。

自動カンナの切れ味が落ちたので、研ぎ直した替刃に交換する。本来は使い捨ての替刃だが、1set¥6.000-前後もするので心響太鼓さんに無理を言って研いで頂いた。軟らかいイチョウでもあるが、スルスルきれいな仕上がり。

惜しむらくは、真ん中に欠けがありカンナ掛け跡に筋が1本残る。研ぎ前の欠けが残っていた様子。左・新品の切れ味×、右・研ぎ直しの替刃2本set。OK。