こんな桧があったんだ

今日は塗装や磨き、片付け等で物つくりは無し。馴染みの材木店へ板材を求めに行く。干支の酉作りにタモ材を求め、ついでに「木曽桧」も購入。この桧・厚35mmをカンナ掛けして30mmに落とす。木目細かな肌にびっくり、材木店社長から柾目で良いものだと聞いたが間違いなし。随分桧は使ったが、こんな木曽桧があったんだ。ウン万円もする仏像彫りの材で見た事はあるが、板材では初めて。加工するのが勿体ないな。

厚25・35mmのタモと木曽桧を購入、自動カンナ掛け用に挽く。

干支の酉をタモ材で作るのにカンナ掛け、早めに作らねば。