堅いのも良し悪しだ

昨日に引き続き干支の酉をタモ材で作る。下描きを3mmバンドソーで切り抜き38個完了。外周は丸面ビットで角を丸めるが、ブレードで挽きこんだ細かな隙間は、ハンド磨きが必要。これが厄介、タモ材は堅く#180空研ぎペーパーでバリ取りするも大変。広葉樹は堅くて見栄え良いが゛堅いのも良し悪しだ。

外周は一筆書きで、細かな切れ込みは3mm幅を有効に使って曲線挽き。ブレードの出る方向(下側)にバリが出る。このバリ取りの手間暇が大変。

左・タモ材にチークオイル塗布、中・タモ材の白木、右・カバ材の白木。

カバが良さそうだが、材の手持ち無く残念。オイル塗布しないと、ほこりが目立ち長期保存にはオイル塗布が必要と思う。黒檀で目玉を入れる。