一言余分だつたかな

イベント三日目、張り切って今日こそは!と意気込んで「出勤」。見ん事空振りの三振ノックアウト。人だかりの写真でもupしたいと狙っていたが、人影映らずごらんの通り。店員さんも手持無沙汰でウロチョロ。中年オーバーの紳士が来訪、木工品をしげしげ見ているので、「作っている本人ですと自己紹介してるる説明。頃合いをみてか、実は私はこうゆう者ですと名刺を頂戴。なんとTOPクラスの幹部社員殿。TVドラマか小説に出てくるようなストーリー。

思わず「もっと早く言ってくれれば良いのに」。ついでだから言うが、こんなにお客様がパラパラでどうなっているんですか?こんな状況でよく経営が出来ますね。・・・一番少ない時期なんですよ。一番悪い時期にあたってしまいましたね。名刺を交換しながらの会話。一言余計だったかな。もっと魅力ある商品を作って提供、お客様が興味を抱く話題や情報提供等出展者側の反省と努力も必要を痛感。でも相手が居なくては独り相撲。あと四日間、辛抱辛抱。