あれやこれやの小間切れ木工

昨日木取りした材は、カバだと思ったらサクラだった。今日はタガヤサンとパオロッサを挟んで寄木にする。明日、両面自動カンナ掛け、厚を半分に挽いてカンナ掛け、木固めエース塗布仕上げ予定。ランチョンマット代わりの薄プレートにする。上がりサイズ、縦270×横400×厚10mmにする。

干支の酉作りで、米松を100×100×30mmに挽く。タモにしたかったが板材の在庫切れ。午後から馴染みの材木店へ仕入れに行く。明日入荷するので、また同じサイズに挽く予定。

干支の酉作り、残りのタモ材で座り込んだ酉にする。角材は米松で、酉の下描きをしたもの。やはり樫木のタモ材の方がどっしりして存在感ある。