メタボとスリムで

今日は朝から暖かく、お茶のお湯沸かしの後はストーブ消し。2~3日はこの陽気が続くらしいので身動き軽くなり助かる。午後から野暮用で出掛けるので午前中の木工。昨日に続き「吉野檜鏡餅」作り。右端は他に比べて上段の「餅」は5mm厚、同じように作くったつもりだが、ターニング角度によって微妙に感じが変わる。チーズの様にも見えるが、いささかメタボかな。

こちらは色の濃いイチョウ材で幅260×厚50mm、2枚目のまな板用として厚18×幅220×長さ370mmにする。型板で下描き、3mmバンドソーで切り抜き仕上げる。作りたては臭いが次第に抜ける。通常は厚25~30mmだが、厚板から2枚取りで幾分スリムになる。このタイプはイベントで人気あり。