ご利益は薄れたかな

おそまきながらさいたま市岩槻にある慈恩寺へ初詣に行く。2年前から大改修が続いていたが、やっと終わり見違える様になって顔を出した。30年来ここに初詣しているが、昨年は工事中で取りやめ。初詣は正月3ケ日までが通例だろうが、混雑を避けて1月4日になってしまつた。こな不信心ではご利益は薄れたかも。もっとお賽銭を弾むんだっかな。もう閑散としていた。

開かれたのは、約1.200年前の天長元年(824)とか。江戸時代・徳川家康から寺領100石を拝領、盛時には境内13万5.000坪の大寺。天台宗、山号・華林山・最上院・慈恩寺。本尊・千手観世音菩薩。

風格のある奉納額があるが、かすかに安政?年が判読出来る位。

徒歩5分位の所に三蔵法師の遺骨を祀った玄奘塔もある。