三世代楽しく餅つき大会

今日は抜ける様な青空で風も無く、絶好の餅つき日和。400世帯強の住宅地自治会の、夏祭りと並ぶ二大イベント「三世代交流餅つき大会」。大勢の参加者で大賑わい。つねさん工房は、恒例の「こま回し大会」担当。石川春日部市長も毎回ご出席頂き、ご挨拶・餅つき・こま回しで溶け込み、気さくで人気者のわが市長、ちびっ子を抱いて記念のカシャッ。中央の白帽子/自治会長、右端の紺帽子/いきいきクラブ会長、右端前列/つねさん、後ろ/諸芸百般・何でもこなす人気の仲間。楽しくて良かったね~。今回は枚数を増やしてup。

30Kgを10臼位搗いて皆で食べる、美味いっ! 一臼目が搗きあがり手際よくアンコと黄な粉をまぶして「出来たょ~」。今年はノロウイルス対策でからみ(大根おろし)は止める。第11回目になり、作った看板も黄ばんできた。

こま回し、朝方は爺連で賑わい、続いて孫達で満員御礼状態に。

こちらは捻り独楽台、小さな子や女の子達に人気コーナー。

搗きたてのお餅を美味そうに食べてる子供達。

石川春日部市長の餅つき、毎年の事で慣れたもの。ヨイショッ!の掛け声高く。

トレードマーク姿?、赤いブレザーに黒パンツの土屋品子衆議院議員も負けずに

ヨイッショ! 後ろは石川市長。隣りのマスクは春日部市会議員。

石川市長からちびっ子へのお年玉「春日部市長・石川良三」の名刺。裏にクレヨンシンチャンの漫画入り。

カチン・カチンとお正月風景の羽根つき、my工房提供のタモ材薄板で作った羽子板と無患子の種を付けた羽根。風が無く高く舞い上がる羽根を追って。

どなたかが提供の竹ポックリを慣れない「足つき」で遊ぶ女の子達。

大昔に缶詰缶で作って遊んだ事を想い出す。