程々にすれば良いのに

夢工房ターニングday、火曜日組は年寄り男4人でターニングを楽しんでいた。が、今日から昔お嬢さんが入り、紅一点? 賑やかになってきた。sheはこけしに彫刻と彩色が専門とかで、土台のこけし作りが目的の入門と聞く。当方は相変わらず、さくら材で深めの器作り。径150と170×高さ80mmを4個。練習はしているが、内側の底カーブが未だ上手く出来ない。チャックにくわえているのは失敗作。底カーブを出そうと、もう少しもう少しと削っているうちに穴あき、程々にすれば良いのにやり過ぎ。まだまだ未熟!

外側から見るとポツリと風穴、内側から空研ぎペーパーを掛けたら出てきた。

底カーブ取りで削り過ぎ、調子に乗ってこの有様。程々が良いのだが。