無縁のものだが、頼まれると

絵画をたしなまれる女性ご近所さんが来訪、絵手紙スタンドを頼まれた。生来の悪筆と絵の苦手な身には、無縁のものだが頼まれると嫌とは言えず。

デサインは全てお任せと言われても、見た事もない代物なので時計スタンドを模して作る。タモとケヤキ材でごっつい感じだが、絵手紙は葉書だと思うので、逆にどっしり感を出してみる。チークオイルを塗布したばかり。さてさて、どんな反応が出るか?

タモ材に絵手紙を挟む切れ込みをバンドソーで斜めに入れる。

下描きに沿って3mmバンドソーで切り抜き、6R丸面ビットで角丸め。

適当な曲線で台板と背板をくり抜き、軽やかさを出す。

縦書き、横書き兼用で、どちらにも使える様にする。