こうゆうのが出来たら最高だが

今日は東京の親戚を訪問、100年近く実用しているとの椅子に座ってみる。

何でも先々代の設計製作、三越の家具製造部門で作ったとの事。不確かながら楢材?でがっしり出来ている。背もたれのデザインと彫刻も自ら手掛けたとの事で「家宝」的存在。同じ木工をやっていても月とスッポン。こうゆうのが出来たら最高だが、逆立ちとても遠く及ばない。目の保養にもなった。

上のと同じ構造で背もたれのデザインが異なるが凝ったもの。

肝心の脚の取り付け方法は、前は差し込みで後ろは背もたれと連結している。

四方ころびの角度が随分と広く、現在ではあまり見られぬ形と見受ける。