野獣が美女に化けるかな

工房への1.5kmの道すがら3分咲きの花見。午前中は来客応対で木工中断、午後から山桜の暴れ材を一輪挿し用に木取りする。山桜の一輪挿し希望のお客様と在庫用に、まとめて20個程の準備。永年屋外に放置されていた暴れ材、四面にひび割・干割れ。バンドソーで「皮むき」と手押しカンナ掛けで中身を取り出す。野獣を美女に変身させたいが、化けてくれるかな。

幅130×100×長さ1.200mmの山桜材。木元(手前)は地面に立てていた為、100mm程腐れとひび割れで切り取り。バンドソー、頑張ってくれる。

長さ300mmに挽いて、四面をバンドソーで「皮むき」。手押しカンナ掛け。