うっかり続きで焼きが回ったかな

夢工房ターニングday。いつもの往複路の桜はまだ5分咲きに届くかどうか。

今日はカヤ・杉・桧の椀作り、厚目の椀を希望との事で少々メタボ椀にする。

写真は杉椀だが、チャック掴みを作るつもりが、うっかり高台にしてしまい小さな高台になってしまつた。地味な杉椀だが、隠れフアンがいていつのまにか無くなっている。柾目で厚80mmは滅多に入手出来ず、ある時にまとめてターニング。今日はうっかり続きで、焼きが回ったかな?

 

こちらも、うっかりコンクリート床に落っことして見ん事に割れてしまった。

折角良い出来と思ったのに注意力散漫で勿体ない。

正味5時間で7個の椀、左端が落っことして割った杉椀。左から桧・カヤ3個・杉2個。右端の杉は底近くで大きな節が出て、節穴(凹み)に鋸屑を詰めて接着剤で固め必要。明日の作業だな。

夢工房のお隣は神明社、境内の老桜樹は八分咲き、昼休みにテーブルを持ち出して花見弁当・美味い! 奥の3人は夢工房主と火曜日組の門下生でターニングベテラン。神明社彫り込みの石柱裏に昭和13年とあり、80年近く前のもの。