徳利型一輪挿し

時折ランニングの途中に立ち寄るご近所さんから「徳利型一輪挿し」の依頼。

近々懇親会で一杯やるので手土産にしたいと事。手持ちの山桜でターニング、徳利型は定番の一輪挿しながら、暫くぶりに作る。案外良さそう。

山桜の厚材を80角×長さ240mmに挽く。勿体ない材だがお客さんの要望では止む無し。

どっしりした角材で、仕上がると体積1/3にもなっちゃうかな。

大体の形が出来たら、ガラス管を入れる穴あけして仕上げのターニングへ。