田舎料理に合うかも

今日は今年一番の暖かさを通り過ぎて暑いくらいの日。自治会(町内会)のハイキングサークルの総会。会員四十数名で結構大所帯、昼食会兼懇親会を兼ねて賑やかに。年6回ほどあちこち歩き回り、3月29日の桃屋見学会で221回目。今年も続くが何回参加出来るか。午後遅くなってから杉厚板円板挽き、「田舎料理に合う」地味なドンブリか盛り器にする予定。隠れた好評な器。

馴染みの銘木店でgetした杉厚板。幅600×厚75×長さ1400mm。芯割れや節、腐れ等ありどの位使えるか。

芯割れに沿って電動鋸で挽くも、深さ60mmしか届かず。バールでバリッ。

径160~240mmの円板を想定してスライドソーで挽く

6mmバンドソーで円板切抜き。軟らかくスイスイ。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    hiro's portforio (日曜日, 16 4月 2017 22:14)

    ご無沙汰しております。
    頂いた杉木で作成された四角お皿、毎朝食に使わさせてもらっています。
    仕上がりが良いので感心しています。
    豊富で大きめな杉木はホームセンターでは購入出来ないのが残念です。
    羨ましい限りです。

  • #2

    つねさん (月曜日, 17 4月 2017 21:08)

    有難うございます。
    しばらくご無沙汰ですが、お元気な様子で安心しました。
    貴HP訪問するも、あまりにも「高度な難文」で理解不能です。
    とにかく高等技術を駆使しての木工工芸品作りに唯々感心するばかりです。
    杉材、ご入用でしたら次回の入荷したときにお分け出来ますので、要否ご連絡下さい。そなに高価なものではありません。