北海道のイタヤカエデはgoo

TVでは暑くなるとの予報だったが、汗もかかず快適な日。夢工房ターニングday、今日はイタヤカエデで小振りの器作り。清瀬市のショールームよりの要望で、取って置きの本場・北海道の「上質イタヤカエデ材」でターニング。気分的に、関東の材より北海道のは身がぎっしり詰まっている洋で堅く締まりgood。右端は厚58mmの円板、この材で7個ターニング。左端の黒点は、引っ掛けて穴あきの失敗作。北海道のイタヤカエデはgooだった。

北海道のターニング仲間から送って頂いた本場のイタヤカエデ厚板。大事に取っておいたが、要望により使うことにした。

仕上がりサイズ、径100~130mmの器用に木取りする。

3mmバンドソーで円板に挽き、チャック掴み代に径50mmの穴掘り。

先に高台側からターニング、内側をターニングして最後に再度高台を作る。