ローズウッドで

今日は小刻みな雑用で終わり、まとまつた木工制作が出来なかった。午後遅くなってからローズウッドでペダントの試作。馴染みの銘木店からローズウッドを購入、幅120×厚23×長さ2.100mm。my 工房としては高価な材。

ローズウッドは産地によって様々な呼称と木肌・色合い・木目等が異なる様子。購入した材は、一見バイオレットウッドかと思う濃い紫色。挽いてみると

以前ボールペン用に大量に挽いたインド紫檀と同じ感じ。調べてみると、日本では紫檀とも呼ばれているとか。ペンダントにターニングして、水性ウレタンニスを塗布したら写真の通り。イメージとは程遠い雑な木目でがっかり。塗料を変えて再度試作しよう。

ローズウッドの板材、23120×2.100mm。紫檀と言われればその通りか。

厚23mmを10mmに挽いてペダント用にする。紫が濃い。フラッシュで。

フラッシュなしの写真、1枚から径50mmで10個、60で6枚を切り抜く。