初めて目にした羽化

今日は出たり入ったり、来客応対等で落ち着けず。馴染みの銘木店へ銘木購入に訪問、ここはメダカの飼育と繁殖を自然そのものでしている。珍しいシーンが見られた。ヤゴやから羽化したばかりのトンボが、草葉にじっとぶら下がり羽根の硬化をまっていた。下のメダカの飼育槽から這い出したらしく抜け殻が風に吹かれていた。終戦直後の子供の時は田舎育ちだつた。トンボを捕まえて遊んだ事も数知れず。だが、羽化直後を目にしたのは初めて。感動す。

大小・金銀等いろいろなメダカが飼育槽で産卵期を迎えていた。一匹500円のメダカも採卵用に飼育していた。忙中閑ありは失礼ながら、暫し一息タイム。

ついでながら分厚い欅、幅230×厚120mm。でっかい器を挽いたら良いだろうな。