肩凝りはないんだが

86~87才/木工仲間のご老体から「背中指圧棒」を教えて頂いた。幸いに肩凝りとは無縁の生活で、あまり興味はなかった分野。実物は幅250×長さ500×厚18mmでベニア板を糸鋸で切り抜いたもの。形は上の写真とほぼ同じ、型紙に取らせて頂き試作してみる。シナ積層板で厚20mmの在庫があったので、バンドソーで切り抜き、ウレタンニス1回目の塗布。乾いたら2回目を塗布予定。説明によれば、背中の「指圧」に最適で一度使ったら離せないとか。肩凝りは無いんだが、testで肩と背中を「指圧」実験。何だか凝ってきちゃった。

厚20mmのシナ合板に型板で下描きしてサイズcut。

3mmバンドソーで下描きに沿って切り抜く。

木取りの関係で無駄なく大小を切り抜く。残念ながら自分では使ったことが無いので、効果の程は聞いた事の受け売りで申訳ない。

6R丸面ビットで角を丸めてサンダー磨き、その後ウレタンニス塗布へ。