またまたBox作りに

昨日、清瀬市のショールームへ三味線Box Standを納入、その折「和の習い事教室」の和aco㈱を紹介された。ここに5台納入させて頂いたが、またまた2台の追加依頼でまたまたBox作りになってしまつた。有難い事だが、無垢の幅広桐材が入手困難でとうしようか? 今日は取りあえず手持ち材を挽きカンナ掛け。写真で足りれば良いのだが。和acoは日本人だけでなく訪日外国人にも和文化を紹介している。代表の片桐あこさんは、英流端唄三味線師範その他各種資格を多々お持ちでカナダ・ニューヨーク大学芸術学部音楽科卒業の経歴。

通訳もされており大したもの。素人Boxが恥ずかしい限り。

取って置き桐腰掛け用の桐材、厚60×幅300×長さ1.200mmを厚半分に挽く。

自動カンナで厚18mmに落とす。

型板で下描き、3mmバンドソーで切り抜く。